残したいホントの気持ちを言葉に.


by kaiet38
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

本当の自分とは

私は子供の頃から、素直だと母に言われ、
大人になってからも、おっとりしてる、のんびりしてる、
優しい、おとなしい、と多数の人から言われてきた。

でも、実際の自分は違うと思っている。

確かに人当たりは優しい方かも知れないが、
勝ち気で激しいところもある。

できるかも知れない事をやる前に、
出来ないの?と誰かに言われたり、
勘違いされたりするのは嫌だ、と思うと
俄然発奮する負けず嫌いだし、
カーっとなって、言わなきゃいいことを言ったりもする。

だからと言って、他人と激しいケンカをした事など、夫以外とはないが、
相手の一方的な理不尽な言動に屈したりしない、
という気持ちはある。

ただし、それもいろいろあったからこその事ではあるけど。

それと、みんな勝手に自己主張する家族の中にいたせいかも知れないが、
人の意見も聞かずに、思い込みで一方的な事を言ったりもする。

そうかと言えば、人が言ったことを鵜呑みにして、
受け売りで話したり、騙され易い人かも知れない、
と思わせるような一面もある。

要は、単純でガキのまんまなのかも知れないと思う。


若い頃は、自分以外の人の言うことを信じて、
自分は弱くて何もできないのだ、と思ってきた。

問題のある物事を自分で何とかしようとする考えも浮かばず、
誰かが助けてくれないだろうか、とか、解決するより逃げていた。


でも、年々歳をとる度に、違う自分が見えてきたし、
段々、解決に向けた行動を取れるようにもなってきた。

ある意味で、ホントの自分がまた別にあって、
自分がホントにやりたい人生のやり方が、見えきてるのかも知れない。


あまり考えた事もなかったが、
もう、親の助け無しに生きてはいけない子供ではないのだ、
と言うことだ。

だいたい、2回の結婚(離婚も1度)と数々の転職とを経て、
出来るだけやりたいようにやろうと思った事を実行したことだし。

いつの間にか、自分は自分の人生をごまかし無しに、
生きるのだ、と気付いたのだと思う。

経験は人を強くする、
自分の事を省みると今更ながらに思う。
弱くなんかない、やればできる大人だと。

ただ私の人生、行き当たりばったり、だった。

思うようにならなくて慌てたり、泣いたり、
言い訳ばかりだったり、逃げたり、かなりみっともなかったなぁ。
今だって、昔の事が頭をよぎる時、「あー、やり直し!」っていっぱい思う。

かつては、自分で自分にケリをつけられなかったところもあったし、
心の切り替えも下手くそだったけど、やっとこの頃、
何があっても何とか、いくらか切り替えができるようになってきた。
突発的な事が発生しても、静観しようとする自分がいる。

人生、慌てたりするような事など、そんなに無いことに
気付けば良い、ということだと。

発想の転換と言うか、自分の人生なんだから自分が主体になれば良い、
ということなのに、気付けなかったのだ。

やれば出来ると、自分で自分を励ましたりもする。

自分を解き放つのは自分。
自分の気付きが、自分を自由にしてくれるのだと。

人の人生なんて、
生まれて何億も経った地球から見たら、一粒の砂粒くらいのものだ。

そう考えたら、もっと力を抜いて気楽に生きたいものだ。

私は、めげて泣いても、人のせいになどしたりはしない。
自分の人生で起きたことを、お大袈裟に考えたりなどしない。
同じく、過小に思ったりもしない。
自分の人生なんだから、誰かに期待したりなどしない。
自分の人生で、誰かを恨んだりしない。
人のことを羨んだりしない。
できる限りただ、受け止めるだけ。

神様や仏様やご先祖様が毎日、見ていて下さっている。
ただ見守って頂けるだけで、有難い。
私には運がついているじゃないか。
人から見たら、バカみたいかも知れないけど、
毎日、そう思って生きています。
[PR]
by kaiet38 | 2013-08-24 23:25 | 大切な事