残したいホントの気持ちを言葉に.


by kaiet38
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本当の自分とは

私は子供の頃から、素直だと母に言われ、
大人になってからも、おっとりしてる、のんびりしてる、
優しい、おとなしい、と多数の人から言われてきた。

でも、実際の自分は違うと思っている。

確かに人当たりは優しい方かも知れないが、
勝ち気で激しいところもある。

できるかも知れない事をやる前に、
出来ないの?と誰かに言われたり、
勘違いされたりするのは嫌だ、と思うと
俄然発奮する負けず嫌いだし、
カーっとなって、言わなきゃいいことを言ったりもする。

だからと言って、他人と激しいケンカをした事など、夫以外とはないが、
相手の一方的な理不尽な言動に屈したりしない、
という気持ちはある。

ただし、それもいろいろあったからこその事ではあるけど。

それと、みんな勝手に自己主張する家族の中にいたせいかも知れないが、
人の意見も聞かずに、思い込みで一方的な事を言ったりもする。

そうかと言えば、人が言ったことを鵜呑みにして、
受け売りで話したり、騙され易い人かも知れない、
と思わせるような一面もある。

要は、単純でガキのまんまなのかも知れないと思う。


若い頃は、自分以外の人の言うことを信じて、
自分は弱くて何もできないのだ、と思ってきた。

問題のある物事を自分で何とかしようとする考えも浮かばず、
誰かが助けてくれないだろうか、とか、解決するより逃げていた。


でも、年々歳をとる度に、違う自分が見えてきたし、
段々、解決に向けた行動を取れるようにもなってきた。

ある意味で、ホントの自分がまた別にあって、
自分がホントにやりたい人生のやり方が、見えきてるのかも知れない。


あまり考えた事もなかったが、
もう、親の助け無しに生きてはいけない子供ではないのだ、
と言うことだ。

だいたい、2回の結婚(離婚も1度)と数々の転職とを経て、
出来るだけやりたいようにやろうと思った事を実行したことだし。

いつの間にか、自分は自分の人生をごまかし無しに、
生きるのだ、と気付いたのだと思う。

経験は人を強くする、
自分の事を省みると今更ながらに思う。
弱くなんかない、やればできる大人だと。

ただ私の人生、行き当たりばったり、だった。

思うようにならなくて慌てたり、泣いたり、
言い訳ばかりだったり、逃げたり、かなりみっともなかったなぁ。
今だって、昔の事が頭をよぎる時、「あー、やり直し!」っていっぱい思う。

かつては、自分で自分にケリをつけられなかったところもあったし、
心の切り替えも下手くそだったけど、やっとこの頃、
何があっても何とか、いくらか切り替えができるようになってきた。
突発的な事が発生しても、静観しようとする自分がいる。

人生、慌てたりするような事など、そんなに無いことに
気付けば良い、ということだと。

発想の転換と言うか、自分の人生なんだから自分が主体になれば良い、
ということなのに、気付けなかったのだ。

やれば出来ると、自分で自分を励ましたりもする。

自分を解き放つのは自分。
自分の気付きが、自分を自由にしてくれるのだと。

人の人生なんて、
生まれて何億も経った地球から見たら、一粒の砂粒くらいのものだ。

そう考えたら、もっと力を抜いて気楽に生きたいものだ。

私は、めげて泣いても、人のせいになどしたりはしない。
自分の人生で起きたことを、お大袈裟に考えたりなどしない。
同じく、過小に思ったりもしない。
自分の人生なんだから、誰かに期待したりなどしない。
自分の人生で、誰かを恨んだりしない。
人のことを羨んだりしない。
できる限りただ、受け止めるだけ。

神様や仏様やご先祖様が毎日、見ていて下さっている。
ただ見守って頂けるだけで、有難い。
私には運がついているじゃないか。
人から見たら、バカみたいかも知れないけど、
毎日、そう思って生きています。
[PR]
# by kaiet38 | 2013-08-24 23:25 | 大切な事

断捨離は正解か?

断捨離をやっている。

やっている最中だ。
捨てても捨てても捨てても、まだ捨て続けている。
このままだと、どこまで行っても
捨て続ける道が続いているような気がする。

そんなに沢山の物を抱えているわけでもないのに。

そして捨てる、と心に決めたにもかかわらず、
迷いはどこか、吹っ切れない。

捨てようとして迷い、迷いながら捨てて、
捨ててからも迷う。

今まで、どれだけ毎日毎日迷い続けていることか。

自分の周りに物が多すぎるから、選ぶにも迷う。
それなのに、手放すのにも迷う。

シンプルにすれば迷わないのか。
いや、きっと迷っている。


人生、ずーっと迷っている。
これはどういうことか。

迷うのが人生なのか。

そう、これが正解、というのが無いのが人生だ。
だから、その時、こうだと思ってもまた、後になって、
「違っていたのかも知れない」
と迷う。

ああ、捨てているのに捨てられない。
自分の想いを捨てられない。

どこまで続く断捨離よ。。。
[PR]
# by kaiet38 | 2013-05-03 10:45 | 何でもない事

「追悼」母は死ねども

2011年12月21日暮れも押し詰まっている頃に、
とうとう母が亡くなった。
82歳だった。

私と同じ背丈だったのに体も縮んじゃって、小さい母になった。
ホームにいるときには曲がってた足が何故か、
棺の中ではまっすぐになっていた。
やっと、ぐっすり眠れるね。。。

父が亡くなって3〜4年目におかしくなってきた。
まともに写った写真でしか思い出せないのだが、
もう2005年頃からすでに痴呆に入っていたのだった。
それから、会話らしい会話はしていない。

幸せだったのか、不満足だったのか、
あの世で会えたら聞いてみたい。

いつも、文句の多い人だった。
気が強くて、自分が真ん中の人だった。
いつも、他人や世間を気にしていた。
プライドもきつかった。
ずばっと物を言う人だったから若いときはいつも
母に対して、びくびくしていた。
それならもっと自信を持っているかと言えば、
いつも後ろ向きなコトばかり言っていた。
でも、「唯我独尊」的なとこもあったね。

母の人生って何だったろう。
大事な若い時を戦争で取られたことを
辛く切なく思っているのだろうか?

自分の理想の男性じゃない父との結婚は
楽しくなかったんだろうか?
(よく、お父さんにもっと包容力があればいいのに、
 と言ってたけど、相手に求めるばかりじゃねぇ・・・)

昨年の11月に会いに行ったら、母は眠っていた。
ここ1年くらいはそんな様子だったから、
もうそろそろかなぁ・・・と思っていたけど、
やっぱり本当に、眠るように逝ってしまったんだね。

お母さん、私を生んでくれて幸せだったの?
私はちょっと、時々辛かったけど、
いろんなことを教えてくれて、いろんなことをしてくれて、
私に尽くしてくれて、ありがとう。

また、あの世で会いましょう。
「具会一緒」ですよ。
そうだ、お母さんに戒名を付けてあげる、
兄貴がエホバになんか入信しちゃうから、
そういうの捨てちゃって、無いからねぇ。
「釋 典由」ってのはどうかな。

前に私の夢に2人で現れてくれたけど、
お父さんとはよく会話しているようだから、
どうか、あの世で幸せに。
じゃぁね。
[PR]
# by kaiet38 | 2012-03-03 20:20 | 忘れたくない事

だから生きられる

人は、自分を認めてくれる人、受け入れてくれる人、
がいたらそれだけで生きようと思う。
「その人のため」などと思わなくても、
有り難く感じて生きてゆける。
生きてゆこうと思える。

そして、できればこの世で一番、高みにある人に。
自分がそう思えて、この世で一番、尊敬できる人に。

バチカン市国なら、ローマ法王に。
日本なら、天皇皇后両陛下に。
(※他意はありません)

お言葉を一つ、かけて戴けるだけで、人は生きられる。
お言葉一つで、慰められ、癒される。

何故なら、一番高みにある方が
最も慈悲が深くて、慎み深い。
私たちを、神様のように見守っていてくださっている
と実感することができる。

私たちはこの方たちがいらっしゃれば
生きてゆける。
生きてゆこう。
[PR]
# by kaiet38 | 2011-05-19 19:43 | 言っておきたい事

何かの為、でなく

何かやる時に人や国や自治体や法人は、
どうして「○○のために」と
冠を付けたがるのだろう。

国のためではなく
神のためでもなく
偉い人のためでもなく
自分のためでもなく
大事な人のためでなく
欲望のためでもなく
自然のためでもなく
畏れるためでもなく
汚れなき者のためでなく
無垢な者のためでなく
残すためでもなく
残さないためでもなく

何かをできないものか。

冠が付けば、結局、
結果を欲したり、夢を見くなったり、満足したくなったり、
それとは逆に、
言い訳の理由になったり、回避したくなったり、
何か 余計なものが付いてくる。

何のためでもない。
ただ、人の道に沿って「それ」をする。
ただ、天の道に従って進んでゆく。

ボランティアだって、
「○○のために」なんてやっているうちはダメだ。
そうやって、理由付けして何になるのだ。

理由付けして動いているうちはダメなんだ。

何のためでもない自分が大事だ。

海は誰がために怒濤のほどにうねる。
雨は何故に叩き付けるほど降る。
雪は何故に家を潰すほど降り積もる。
風は何故に旅人を隠すほどに荒れて吹く。

花は誰がために百花繚乱する。
天はどうして抜けるような青空になる。
緑は何故季節が来ると碧く赤く黄色く燃える。

どうしてそれらがそうするか、なんていうものは
この世の自然にはないはず。

そうして、人は自然に阿って(おもねって)
いつでも、楽しんだり哀しんだり恨んだりする。

だのに、人はどうして人のために動く?
他人のために仁義を尽くす?

何かのためにしよう、ではないから。
自分が何かしなくては、と思うから。
何かするのだ、それだけ。

それだけで良いのだ。

その結果、人々の笑顔を見られたら
それこそがこの世で一番の幸せ。

悲しく曇った顔が、一瞬でも晴れたら
何もない、私の心の涙が流れるだろう。

そうして失った者の哀しみに、
少しでも寄り添えるかも知れない。
(2011.11.19加筆)
[PR]
# by kaiet38 | 2011-05-04 18:32 | 言っておきたい事
不埒な考えだと、最初から思って欲しい。

人は、地震、雷、火事、津波の天災が来なくたって
死ぬときにゃ死ぬ。

だから、死ぬ時じゃないのに、と思うような天災などで
死んじゃったら勿体ない、何で死んじゃったのって
哀しむ。

そりゃ、哀しい。

でも。
神様は非情だね。

助かる人は助かるし、
死ぬ人は死ぬんだな。

助かっても、潤沢に物資がある場所もあれば、
自分でものを調達して、工夫しなくちゃ為らないところもある。

神様は非情だけど、まあ、学べと言っているのかな。

工夫して成果があれば、それはそれで達成感もあるし、
人として頑張っている、と言う実感も湧く。

神様は少しは、試練で考えろ、と言っているのかな。
[PR]
# by kaiet38 | 2011-03-21 17:51 | 忘れたくない事
このところ穏やかな気分が続いていたけど、人間には波があり、浮き沈みがある。
何となくだが、いつの間にか「体」もそして、「心」も左右される。
それを象徴するのが、季節の変わり目の頃。
穏やかな気候のうちは良いが、寒暖の差が激しい頃になると、何か気が落ち着かなくなる。
そう、気候の転換や月の満ち欠けに、ヒトは左右されるある意味、弱い存在だ。

いつもは胸に留めていることをつい、口に出してぱぁっと気を晴らしたくなる。
誰かに突っかかりたくなり、何でもぶち壊したくなる。
ぐだぐだと、文句や難くせを付けたくなる。
そうして、わざわざ悶着を起こして憂さ晴らししたくなる。
そんな自分が嫌になり、すべてを棄てたくなる。

例えば、ダンナの行動にいちゃもんをつけたりしそうになる。
単刀直入に言えば、激しい争いになるのは目に見えているから、
はっきりとは言わないけど、微妙に引っかかる言い方が
相手にも「おや?」と思わせて、雰囲気は悪くなっていく。

また、義母の余計な気遣いにイラつく。
気に入らないものを貰ったって、「ありがとう」でいつも何とも思わないのに、
何だか、「変なプライドを見せている」などと感じて、苛立つ。
確かに気を使っているのだろうが、こっちの趣味趣向や価値観などまるで考えないし、
勝手解釈な態度につい、それで良い人のつもりなの?と盾突きたくなってしまう。
まぁ、どんなにしたって親なんてものは、普段はうっとおしいものだけど。

ダンナを見ていても同じようだ。
普段、別に気にかけるワケでもないようなことを、わたしに言ってくる。
多分、ちょっとはひっかかっているが、抑えているのかもしれない。
それに、古い話をする時には楽しい話をしていたりしていたのに、
昔あった、自分が気に入らない事を穿り返してくる。
そして、二人でわざわざ険悪になり、事を荒立てている。

何で、わざわざ草臥れるようなことをするのか。
まるで余ったエネルギーを爆発させようとしているみたいだ。


世の中だって、町の中や、会社の中や、人々の中や、家庭の中に、
鬱散したいものが、たくさん溜まっている。
政治が、私たちが胸がスッとするような事を何もしてくれないから、
鬱積したものがあって、いろいろと事件も起きる。

だから、町を歩いている人を見ると、みんなムッツリとして、怒った顔をしている。

仕分けした特殊法人を辞めさせる権限を、法律で仕分け人に与える。
仕分けした特殊法人で余った税金を、失業難民やホームレスを救う施設を作る。

児童手当を増やしても、個人の税金が増えたら本末転倒だ。
それより、児童手当で「保育園などの施設」を作ったり、「扶養控除」を増やすことだ。

高速道路の無料化なんて望まない。高速道路は民間の会社のものになったはずだ。
料金を取って、税金で補填せずにメンテナンスすれば良い。

普天間基地の約束は、県外移設という公約を、守ればいい。
守れなければ、国内で県民に謝ればいいのではなく、きちんと米国に説明しなくてはならない。

諫早湾はどうして埋め立てなかったのだ。
江戸時代からの東京湾みたいに、全部、埋め立ててしまえば後の祭り、になっただろうに。

会社が雇ってくれない、というなら雇ってもらわなければいい。
自分で何かを作ったり、何かを始めればいい。
何もやりたいことが無いからというなら、
何かをやってそれを突き詰めてから、好きだの嫌だの言えばいい。
何もやらないでぐだぐだ言っているから、誰も振り向いてくれないのだ。


会社でも家族でも政治でも何でも、楽しいことなら問題は無い。
人生楽しい事だらけではなく、いろんな揉め事が起こる。
そして、その当事者になったものは辛い。
それが、外からだったら他人事として興味本位に何でも言えるが、
誰も実行してくれず、責任も誰も取りたがらない。

だが人生は、いつでも全ての人が当事者だ。
辛くても、壊したくても、人生は筋を通して進んでゆく。
人生は、自分が信じた正しい事を実行して、終わるものだ。
[PR]
# by kaiet38 | 2010-12-20 14:54 | 大切な事
ずっとしばらく考えていたことなのだが、

わたしがもしも、この世からさようならすることになった時。

自分の気持ちを伝えたい人がいる。

第一は、今一緒にいる夫である。

すごーっく、わがままで自分本位で、自分のやり方で
自分の価値観で、自分のとらえ方でしか、生きない人だけど、
「この野郎!」って気持ちと、感謝の気持ちとを伝えたい。

ま、世間一般的なところ、か。


それともう一つ。

Webと言う、雲の上のような世界でしか会わない人に、
伝えたいことがあって、
恐らく99%会えない可能性が高いから、
そっちの方がとってもある意味優先的なのだ。

その人たちとは、

観山さん
QPさん
HOU(主)さん
Kiyochanさん
森窯のかぜつまさん
mintさん
七味唐辛子さん
モコちゃん店主さん
珍館伊知郎さん
その他、いろんなワタシの心を動かしたサイトの主様・・・

に、Web上でも良いからご挨拶してから
さようならをしたいなぁ、と思う。

だって、何がなくたって、
気がつけば、いつも拝読しているブログだから。

どんなお話だって、とっても澄み渡った気持ちになれるんです。
自分と違う気持ち、自分に似た気持ち、ぽぉーんと突き放されたり。
いろいろ教えられるから。

*特に、観山さん&QPさんにはSpecial Thanks.だなぁ。
(Webばかりでなく、現実的にも有難うございました)

内容が、
とてつもなく重かったり、逆に他愛のないことだとか、
それはどうであれ、そのブログがわたしの心にずぅんと響いているから。。。

「純粋で幸せな心をたくさん頂戴できて、本当に有難うございました」
そう伝えたいです。
[PR]
# by kaiet38 | 2010-10-23 20:33 | 大切な事

気持ちは、ほっとけない

わたしの母は若い頃から、気丈夫というか、
しゃきしゃきした人だった。

世話好きだったので、他人にはウケは良かったけど、
気が強く、歯に衣を着せぬ物言いで、
意にそぐわないことは、勝つ勢いで人と言い争ったりもした。

母にはいつも、父と兄と私たちは圧倒された。
母には誰もたてつけなかった。


そんな母が、認知症になってから4年目になる。
母なりに大事にしていた、自分が生きる意義だった父を
失ったショックからだったと思う。

母は今、田舎の特別養護老人ホームにいる。
すべて兄に任せているので、うかつにモノは言えないが、
もし、わたしが近くにいたら、面倒を見てやりたい。

惚けた母の姿を見ていて、何故だかそう思う。


この世で一番傲慢なのは、「親」だと書いた。
確かに若い頃はそれが実感だった、特に母に対しては。

親(特に母親)というものは、
「子供には何でも、やってやりたい」
「子供のことは何でも、知っていたい」
「どんなに無理でも、子供の全てに係わりたい」
ものだと、母を見ていて思ったのだ。

それがたとえ、『傲慢』の域に達しても、親とはそんなものなのだ。
わたしの母はそう思わせる親だった。

親子ってものはつくづく、仕方のないものだ、と思う。

頼まれて生んだわけでもないのに、この子の親か、と思ったろう。
子供としても選べなかったのに、この親の子か、とつくづく思う。


仕方のない親子だから、母の面倒を見てやりたいと思うのだ、
これが正直な話しなのだ。
[PR]
# by kaiet38 | 2009-08-14 11:49 | 家族の話し

心の時代

この頃 何とな〜く思うのですが、
今の世の中は、「心を大切にする時代」だと思います。
こんな事は昔から言われているのかも知れません。
でも、今のとらえ方は少し違う気がします。

かつての世の中は、普通にしていても
温かな空気や時間が流れている感じがしました。

今は、そう言ったことを勤めて気をつけていないと
何でもが、何だか不安に感じてしまうようなのです。

例えば、いつも理不尽なことに怒る人がいるとして、
それはそれで、理屈が通らないことに腹を立てているのだから
筋が通ればOK、だったと思うのです。

でも、それはかつての話しで、今は何だかワケもなく、
誰かに苛立っているような感じを受けます。

そうして周りまでが、不安な空気が漂ってしまう、
そんな気がします。


だから、勤めて「耳から聞いて心地よい言葉」を言おう、
と言うのがわたしがこのブログで挙げている本です。
(本の宣伝ではありません)

「有難う」や「良い一日だった」と声に出して言うだけで、
嫌な気分が一掃されるのです。

そんなことを勤めてやって、不安を沈めなくてはならない時代、
それが今の時代です。
[PR]
# by kaiet38 | 2009-07-25 12:43 | 大切な事