残したいホントの気持ちを言葉に.


by kaiet38
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
人の世界で、わたしが一番許せないこと。

それは、傲慢(ごうまん)であること。

極論か、と思う話しなのでここで止めておく、
という選択もあります。。。


さて、傲慢の最たる者は、神だと思います。
ギリシャ神話などで書かれているのですが、
「神こそが絶対」であって、逆らえば神に何をされても仕方のないことだ、と。
「逆らった者こそ傲慢」である、ということらしいのです。

「絶対」という理念自体、本当にはあり得ないと思うのですが、
どうしても、そういうものを追い求めてしまうのは、
仕方のないことなのでしょうか。

神に対しての理念を論ずるとキリがないので申しませんが、
それぞれが感ずる価値観は、それぞれ違って当たり前ではないでしょうか。


そして、人間の世界で一番の傲慢と言ったら、「親」だと思います。

現実ではなかなか、はっきりと言えないけど、
親にとって子供など「生んでやって、育ててやった存在」なのです。

子供の方はそれではくやしいので、
「生んでくれと頼んだ覚えなど無い」と反論する人もいますが。

もちろん、いろいろと考え方はあります。
「親の恩は海よりも深い」と言い、それに背けば「親の心、子知らず」と言いますね。

でも、「子の心、親知らず」もありではないか、と思いますよ。

わたしは子供の頃から、
「親から自分に従うことを、きつく強いられた」
「家族同士で慈しんだり、和んだりした経験が少ない」
「自分が心底、愛おしめる子供がいない」
そういった経験から、わたしが思い込んでいることは、

・親だからと言って、子の人生に口を挟んで良いワケではない
・親だからと言って、子の価値観を否定して良いワケではない
・親だからと言って、子の領域に何でも踏み込んで良いワケではない
・親だからと言って、子の生活に絡んで良いワケではない
・親だからと言って、子のプライバシーに首を突っ込んで言いワケではない

と言うこと。
そして
「親だからと言って、どうしてそんなにも傲慢になれるのか」
と言うことでした。


でも世の中では、意識するとしないにかかわらず上下や強弱が存在する以上、
勘違いしてしまうのでしょうね。

自分は決して、決して、そうなりたくない!
と切にそう思って、こころに固く誓って戒めていますが、
「絶対」などない、と思うだけになかなか難しい事です。
[PR]
# by kaiet38 | 2009-07-25 12:32 | 忘れたくない事

他人に期待しない

他人には、

「こうやってもらいたい」という希望も

「こうして欲しくない」という希望も

抱いてはいけない。


何かをやって貰って、やって貰っているくせに
自分の思い通りにならないことを、他人に文句を言ったり。

そうかと思えば、やって欲しくないことを
執拗にやってはいけない、と忠告してみたり。


どちらにしても、他人は自分のわがままなんて、どうでもいいのだ。

だから、他人に望んではいけないのだ。


ただし。

人として、恥ずべき行い・もとること・おとしめること
また、
他人に、迷惑をかけること・困らせること・悲しませること
はいかなる望みをかけなくても、慎ませるべく行うこと。


と思う。

が。他人は他人の文句など、聞いちゃいないんだな。
[PR]
# by kaiet38 | 2009-03-07 23:41 | 忘れたくない事
分からないことに、想像でものを言うのは辞める。

そう書いた。


だが、分からないことを言い訳にしてもいけない。

分からないことを分かろうとしない、それもいけない。


分からないから物事を理解できない、そんな言い訳もしてはいけない。


そんなことは知らないんだから、分かるわけがない。

そんな、人の心を折ってしまうような、言葉を言ってはいけない。


人知れず、心を痛めることなど 誰にでもあることなのだから。
[PR]
# by kaiet38 | 2009-02-14 12:12 | 大切な事
解らないことは、もう解らないって正直に言おう。

解らない事なんて、想像してもお手上げなんだ。


かつて、子持ちの友人に
「子供のいない人には、(その大変さが)分からないかも知れないけど」
と言われて、憤慨したことがあった。

よくも、言ってくれるじゃないか。
子持ちじゃなくたって、大変なのは見ただけで想像できる、と思っていた。

それよりも、
「子供が欲しくて治療とか努力しても、子供が出来ない辛さを、
 子供を産んだ人になんか、分からないくせに」
と思っていた。

−自分のDNAを受け継いだ人間が、
 どんな顔をしているのか、どんな声でお母さんって言ってくれるのか、
 どんな性格で、どんな人生を送るのか、も見られないのだよ?!


でも今は思う。
自分以外の人の状況なんて、その人じゃなきゃ分からない、と。

その人でもないのに、
この人は・・だから、XXと思っているかも知れない、とか
この人は・・だから、XXを好むかも知れない、とか
勝手に想像して言うものでない。

分からないものは、分からないで良い。


思うに。

だから、この国の総理大臣は、国民のことは理解していない。

この収入の中で生活を切りつめなくちゃ為らないとか、
だから、どこのスーパーが安い とか、
光熱費をどんな風にすれば、浮かせるか とか、
子供を産みたいけど、生活していけるかどうか とか、
仕事をクビにならないだろうか とか、
親を介護していけるだろうか とか、

彼は経験したことがないからだ。


総理自身じゃないのにどうして分かるのか、って?

本人が、国民にそう言っている。
彼の生い立ちがそう言っている。

ぼっちゃんに、国民の何が分かるのか。


離婚も、失業も、親に捨てられたことも、家を追われたことも、
経験したことのない人に。
[PR]
# by kaiet38 | 2009-02-08 07:47 | 忘れたくない事

人として

人として大切なこと

自分以外の誰かを、困らせないこと

自分以外の誰かを、悲しませないこと

自分以外の誰かの、手を煩わせないこと

自分以外の誰かに、自分の衝動をぶちまけないこと


こんな簡単なことだけど、たまに人は破る

自分のわがままを、わがままと分からない人は多い

自分のわがままを、正しいのだと訴えて後悔する人が多い
[PR]
# by kaiet38 | 2009-01-15 17:55 | 大切な事

誰でも忘れる

ヒトは、自分以外の人に したことや 言ったこと を、結構忘れる。

自分がされたこと、特に嫌なことは覚えているのに。

何気ない一言が、心に刺さることも多いのに。

どうしてかなぁ。

本当に言ってあげたいことはなかなか、口に出せないのに。

本当にしてあげたいことを、なかなか実行できないのにね。


でも、どうしても許せないことがあるのなら、

その人の忌の際にでも言ってあげれば良い、と思う。


それまでは、もう少し辛抱しよう。

それによってまた、心が閉ざされないとも限らないのだから。
[PR]
# by kaiet38 | 2008-12-09 10:02 | 言っておきたい事

自分とは

自分とは

何だか一番分からない、かも知れない存在


自分を通す・・・通したいけどなかなか、はっきり他人に主張できない

自分を曲げる・・・曲げたくないのに、自分はやんわり遠ざける

自分勝手な振る舞い・・・勝手なつもりはないのに、勝手だと思われる

自分がかわいい・・・そんなにかわいいわけないじゃない、よ!ネ???

自分一人・・・人は一人でも生きていける

自分と他人・・・人は他人とでも交わっていける


何でも受け入れるわけにはいかないが、全てを拒絶しないわけにはいかない。

何かと折り合いをつけている、そんな世の中が人生。。。。。。。
[PR]
# by kaiet38 | 2008-09-28 10:09 | 言っておきたい事

捨てられないなぁ

どんな人間関係でも、本当は切っても切れない。


親子などは特に、捨てられない。

兄弟だって 捨てられない。

夫婦だって 捨てられない。

友達も、会社で出会った人々も、

古い言い方だけど、多生の縁。

きっと誰か、ひょっとしたら自分が引き寄せたか、

必要だと思って、巡り合わせたに違いない。

だから、どんなに辛くてもこの人が必要。

そう思って生きていけば、顔を見合わせて微笑むことも出来るだろう。
[PR]
# by kaiet38 | 2008-09-22 11:33 | 大切な事

不安な気持ち

人は知らないうちに不安な気持ちになる。

今の時代はその最たるもの・・・。

食料や人々や政治家の不実による疑惑。

そんなこんなで、ワケも知れず、いつの間にか不安になっている。

何に怯え、何に構えているのか。

けれど、自分にとって大切なモノを追うのが良い。

もっと、ぼぉ〜っとして、何も気にせず、

自分の好きなようにやってみるのが良いのだ。

誰の言葉も気にせず、自分の思うままにね。
[PR]
# by kaiet38 | 2008-09-17 20:38 | 独り言

どうして?

人はどうして、他人と相反するのだろう。

どうして、自分以外の人に何か言いたくなるのだろう。

しかも、言っている本人の観念は、その人だけのモノだったりして。

その本人は、そんなことはツユほども思ってなかったりして。

だから、逆に人は他人と同じ空間に居られるのかも知れない。


気分が悪くならない限り、きっと意味のあることに違いない、

神様がそうしてくれている、と思うことにしている。

だって、拒絶なんていつだってできるのだ。

そこから離れることはいつだって出来る。

自分の人生に、どうして他の人のせいに出来ようか。
[PR]
# by kaiet38 | 2008-07-24 19:31 | 忘れたくない事